食事から

女の人

多くの女性が貧血で悩まされています。原因としては、鉄分不足が有名です。血液の成分である赤血球は酸素を運搬する働きがあります。赤血球の中にはヘモグロビンが含まれており、酸素と結合して肺から取り込まれてきた酸素を体中に運搬するのです。ヘモグロビンを作るのには鉄分が必要ですが、鉄分が不足するとヘモグロビンまで不足します。酸素を上手く運搬することができなるのですが、不足した酸素を補おうと心臓や肺は激しく運動するのです。その為、鉄分が不足すると動悸や息切れなどの症状が現れます。鉄分不足の原因として有名なのが、偏食です。偏った食生活をしていると鉄分が不足してしまいます。基本的にダイエットをしている時に食事のバランスが偏りがちになるので注意しましょう。さらに女性の場合は妊娠中や授乳中に赤ちゃんに鉄分を取られやすくなります。そして、生理などによる出血で貧血が起こりやすくなるのです。体内で出血が起こっている時も鉄分が不足しやすくなります。痔や胃潰瘍などの場合は鉄分不足になりやすくなるでしょう。基本的に食べ物から鉄分を摂取することで貧血を予防することができます。鉄分を多く含む食材を摂取するように心掛けましょう。また、栄養バランスが崩れないように気をつける必要もあります。鉄分ばかりに目がいき、他の栄養素が不足してしまうと別の病気に掛かるリスクが増えてしまうのです。また、どうしても食事で鉄分を摂取することが難しい場合はサプリメントを利用するのが適切と言えます。サプリメントで鉄分を補給して貧血を予防しましょう。